信和建設の事業内容について

2018年8月1日

土地や建物を所有することで、いろいろな悩みごとが生まれます。相続税や固定資産税の対策はどのようにすればよいのか。売却や買い替えを効率よく行うには。今より不動産経営の収益性をもっと高めたい。などなど。まだ土地を持っていなくても、資産運用のひとつとして不動産への組み換えを考えている投資家も多いと思います。

信和建設のアフターフォロー

信和建設では、そのようなオーナー一人一人に対して、ベストな土地活用のアイディアを提供。その実現に向けて、土地の売買から設計、加工、そして経営や管理といったアフターフォローまで、すべてにわたってサポートしています。信和建設に相談すれば、あらゆる土地や建物の悩みごとが解消する。そのようなトータル不動産ソリューションを目標として、事業を行っています。その代表となる商品が、信和建設の手がける一連のルネスマンションです。

【信和建設】全国平均を上回る高い入居率

壁や柱の骨格部分から内装部分を独立させることで、耐久性とアレンジ性を高める、いわゆるスケルトン・インフィル住宅。ルネス工法では、それにプラスして、高い天井と床下のスペースという住み心地の良い居住空間を生み出しています。入居者へのアピールはもちろん、オーナーにとっても長年に渡って資産価値をキープできるという、とても魅力的な物件となっています。その入居率は、じつに95%以上。賃貸マンションの入居率が全国平均で81.1%なので、それをはるかに上回っていることが分かります。

このような高い入居率を生み出しているのは、商品のクオリティだけではありません。それを支える、信和建設のすぐれた広告戦略や管理力があってこそです。万全のサポートがあるからこそ、より安定した長期経営も可能となるわけです。

【信和建設】ルネス工法による年間着工戸数で、何度も全国トップ

信和建設では、このルネス工法による年間着工戸数で、過去に何度も全国トップに輝いています。まさに、最大のセールスポイントといえるでしょう。マンション経営以外にも、ホテルや介護施設、商業施設、オフィスビル、さらに貸し会議室や天然温泉施設、スポーツ施設などによる土地活用もすすめています。信和建設みずからも、天然温泉「ひなたの湯」や貸し会議室「JEC日本研修センター」、フィットネスクラブ「カーブス」などで、その経営を実践。

まとめ

それらの成功例があるからこそ、オーナーと同じ目線に立って、より説得力のある提案を行うことができるわけです。信和建設では、このような土地活用に関する相談に、資料請求からプラン策定まですべて無料で応じています。

問い合わせは、公式サイトの各フォームかフリーダイヤルで行うことができます。ぜひ、自分にとってベストな土地活用や投資プランを見つけてみてください。